2008年05月23日

コナダニ

コナダニ

●特徴
 成ダニは体長0.5o〜0.8o、体表は平滑で乳白色半透明、高等部両側には黒斑点があります。後体部から生ずる剛毛は体長ほどの長さがあります。

●分布
 全世界に分布し、屋外で発見されることはまれです。日本では、カツオブシ、トウガラシ、パン粉、味噌、チョコレート、チーズなどあらゆる食品に発生することが知られています。
 穀類を用いた飼育実験によると、その発育には含水量14%以上が要求され、12.4%以下では発生できません。また、カビや酵母などを摂食する時、繁殖が良くなります。
 なお、小麦粉は湿度60%RHの時、含有量12.3%で平衡に達します。新築間もない高層住宅や一般家庭において、畳床などに大発生して問題となることがあり、異常発生した時には畳の上が白い粉を撒いたような状態になるといいます。
 一般にコンクリートは、建築後3〜5年でその水分を蒸発し続けるため室内が湿気を帯びやすいですが、コナダニも建設されてから数年以上を経過した住宅では大発生が見られなくなります。
 梅雨時期には、気温25〜28℃、湿度75〜85%RHとなり、コナダニの繁殖に最も都合の良い季節となります。

●生態
 発育は、卵(4〜6日)→幼ダニ(1〜2日)→前若ダニ(1〜2日)→後若ダニ(1〜2日)→成ダニと進み、湿温度条件が整えば2週間以内で成熟します。ヒポプスの存在は知られていません。
 繁殖適温は25〜28℃、最適湿度は75〜85%RHですが、7〜10℃でもゆっくりと発育できます。47〜50℃の高温化では速やかに死滅し、湿度60%では繁殖できません。

●被害
 コナダニがヒトを刺すことはありませんが、その大発生に伴って出現するツメダニは、時に人を刺すことがあります。

●防除
 熱処理、低温度処理および薬剤処理がありますが、これらの組み合わせによるのが最も効率がいいでしょう。(熱処理は、60℃1時間で完全に死滅させることができます。)
 薬剤は、乳剤を用いると湿度を上昇させますので、粉剤あるいは油剤を使用し、畳の下などに施用すると効果的です。フェンチオン、フェニトロチオン、フェノトリン、ペルメトリンなどが薬剤としては効果的です。普段から屋内の通風に心がけることで大発生を防ぐことができます。


モイスファイン除湿マット
モイスファイン除湿マット
posted by クッキングパパ at 18:02| Comment(5) | TrackBack(1) | ダニの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イエダニ類

イエダニ

●特徴
 成ダニは、雌の体長0.7o内外、汚白色で長卵形をしていますが、吸血後には体長1o以上となり、体色は赤褐色〜黒褐色に変化します。

●分布
 1913年にエジプトで初めて発見されましたが、全世界のげっし類に普通に寄生することが知られ、単にダニといった場合は本種を指すほど、一般化しています。
 日本には1924年頃に輸入された羊毛とともに持ち込まれたと考えられています。家屋内では主として、クマネズミなどの巣内に生息しますが、初夏から秋にかけて大発生した時や、寄主が戻ってこなかったときなど、人間や他の動物から吸血することがあります。
 未吸血で2週間ほど生存できますが、冬期には絶食に耐える期間がさらに延長されます。
 各種の線虫や病原菌、リケッチケアやウィルスなどを媒介することが知られ、衛生上極めて危険な種といえます。

●生態
 発育は、卵→幼ダニ→第一若ダニ→第二若ダニ→成ダニと進み、8月頃で4日以内、9月下旬で5〜6日間、11月で2〜3週間を要します。22℃の飼育結果によれば、1週間余りで成熟します。
 雌は1回の交尾だけで一生産卵を続け、1回の吸血で、4〜12粒、生涯に120卵内外を生みます。雌雄とも第一若ダニと成ダニが吸血し、炭酸ガス(CO2)に反応して行動を起こします。
 第一若ダニは活発に行動しますが、その前後の幼ダニと第二若ダニは殆ど動かず、休息期と考えられています。その期間は短期です。
 なお、単為生殖を行い、未交尾で雄に発育する卵を生むことができます。

●防除
 ネズミに対して、処置しなければ根本的な解決にはなりません。殺虫剤では、有機リン系のダイアジノンやマラチオンなどがよいですが、効果の点でダイアジノン、安全性の点でマラチオンといえます。
 乾燥した場所では、粉剤を用いるのが適当と考えられています。また、これらの薬剤処理に、ピレスロイド系薬剤による薫煙ミスト処理を加えると効果を上げることができますが、上述のように、ネズミ駆除を伴わないイエダニ駆除は、被害が再発することがあります。


モイスファイン 除湿マット シングル
モイスファイン 除湿マット シングル
posted by クッキングパパ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ダニの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家の中で見つかるダニの被害

 家の中から見つかるダニは、家の中に生息しているダニ(家屋内固有種)と、家の外から飛び込んだり動植物に寄生しているダニ(迷入種)の両方で、それらによって起きる被害は、下記のようにまとめられます。

●家屋内固有種による被害
・喘息、鼻炎、眼アレルギー、アトピー性湿疹・・・ヒョウヒダニ

・刺咬症・・・ツメダニ

・不快感・・・コナダニ類、ニクダニ類
(主に一戸建住宅や居住用ビル内での被害)


●迷入種による被害
・刺咬症・・・イエダニ(ネズミが集まる商業ビル、商店街病院内等)、トリサシダニ・ワクモ・スズメサシダニ等(野鳥の多い公園、学校の周辺の一戸建て、ビル、工場内での被害)、ニセナミハダニ他(観葉植物、庭木を育てている一戸建て、ビル、工場内での被害)、ネコショウセン・コウヒゼンダニ他(ペットを飼っている一戸建、居住用ビルでの被害)、シラミダニ類(一戸建、居住用ビル内での被害)

・疥癬症・・・(ヒト)ヒゼンダニ(一戸建、居住用ビル、寮、社宅内での被害)

・ツツガムシ病・・・ツツガムシ類(家屋外での被害)

・不快感・・・タカラダニ(家屋外での被害)

・多種の病気の媒介・・・マダニ類、ヒメダニ類ほか(家屋外での被害)


カラっと快眠 除湿シート プラス備長炭 敷きぶとん用
カラっと快眠 除湿シート プラス備長炭 敷きぶとん用
 
posted by クッキングパパ at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ダニの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

ペットを犠牲にするダニ

 家畜やペットに害を与えるダニを体表に寄生するダニ、皮膚に寄生するダニに分けてみます。
 体表に寄生するダニは、マダニワクモツツガムシのように、一生のうちのある時期に家畜やペットをおそい、血や体液を吸うものと、家畜やペットの毛に寄生するツメダニ(家の中のツメダニと名称は同じでも、分類上は異なる寄生性のダニ)などです。皮膚内に寄生する主なダニはヒゼンダニニキビダニです。
 家畜やペットや鳥にくらべると、人間に寄生するダニが少ないのは、人の体表に毛が少ないからです。

布団乾燥機 KANSAI

布団乾燥機 KANSAI
 
posted by クッキングパパ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ダニの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

植物を犠牲にするダニ

 植物を犠牲にするダニとは、植物の葉や茎から汁液を吸って生活しているダニで、植物寄生のダニと呼ばれています。ハダニフシダニが代表格です。
 これらのダニが汁液を吸うと、その部分の葉緑素が白く抜けたり、かすれたり、黄変したり、葉の表面にこぶができたように膨れ上がったりします。多数のダニに寄生された植物は落葉も早く、果実の実りも悪くなりますので、農業従業者には大敵です。

アレルキャッチャーシート

アレルキャッチャーシート
posted by クッキングパパ at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ダニの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

ダニの繁殖条件を満たす要因

 家屋内に生息するダニ(家屋内固有種)の繁殖条件は、種類によって異なる迷入種と違い、すべて共通です。温度は20〜30度、湿度は60%以上(最適は60〜80R.H.)です。1年の4ヶ月はこの範囲に入ります。

・高温多湿要因
 季節、生活様式、築年数、上下階数、木造・コンクリート造、南北部 屋、欠陥住宅(床下悪、換気、雨漏り等)、立地条件(海・川・山の 近く、湿地帯等)

・餌要因
 カビ、フケ・アカ、食品のくず、ダニ・昆虫の糞、死骸

・産卵場所
 畳、じゅうたん、布団、布製椅子、ぬいぐるみ、その他布製品

エアーリフレッシャー BGW-049
エアーリフレッシャー BGW-049
posted by クッキングパパ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ダニの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

ダニの生息場所

 ダニは様々な生活をするものがあるので、その生息環境は極めて幅広い生物です。地上、土壌中、樹上、他の動植物の体の上、それぞれに様々なダニが生息しています。空中・水中にもいます。
 空中のダニはハダニや昆虫の体についているヒナダニ・ヒサシダニがいます。
 水中のダニは淡水、海水を問わず、海、川、湖、沼、池等に生息しています。代表的なのはミズダニ類で水中を泳いでミジンコなどを補食しています。
 土の中にはササラダニの仲間が生息しており、土の中や表面で菌類を食べたり、落ち葉を食べたりしています。このダニは人畜無害で有機物の分解と攪拌を助けているのです。

ダニ捕りシート4枚組
ダニ捕りシート4枚組
posted by クッキングパパ at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ダニの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダニとは

 ダニとは、節足動物門鋏角亜門クモ綱ダニ目に属する動物の総称です。ダニは昆虫の遠縁にあたり、クモの親戚にあたります。
 ダニ・クモ・昆虫は体の体形が異なります。ダニは頭部・胸部・腹部が一つに融合し、脚は8本(幼虫は6本)で、クモは頭胸部と腹部に分かれ、脚は8本、昆虫は頭部、胸部、腹部の3つに分かれ、脚は6本です。
 ダニはクモに比べると、体長が1ミリ以下しかない種類が多いため、肉眼では見つけにくい生物です。
 刺す種類のダニは雌雄とも、血などをえさにして生活しています。血を吸う代表的なダニはイエダニという和名のダニと体長が1cm近くになるマダニです。

ダニ退治シート5枚セット
ダニ退治シート5枚セット
posted by クッキングパパ at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ダニの基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。